桐生レミコン株式会社

ご挨拶

調和のある未来社会を目指し、
変貌する首都圏の基礎を支える。

当社は、東京湾を臨む大田区城南島の「桐生レミコン株式会社」と、新興著しい埼玉県八潮市に工場を置く「八洲コンクリート株式会社」の2工場を有する生コンクリートメーカーでございます。
昭和36年に生コンクリートの製造販売を開始、以来五十年に亘って『品質向上』『品質管理』を社是に掲げ、生コンクリート一筋に誠意と誇りを持って営業と社会への貢献とをさせて頂いております。
桐生レミコン株式会社は、昭和55年に現在地に工場を移設。東京湾臨海部という好立地に恵まれ、羽田空港沖展開工事をはじめとする「変貌する首都圏」を象徴する大型プロジェクトの数多くの現場に高強度生コンクリートを主に納入し続け、実績を重ねてまいりました。
また、八洲コンクリート株式会社は、超大型バッチャープラント二基の機能と各種最新設備と、社会との共生が為の広い敷地を生かし、2レーン方式による積込場により瞬発力と機動力を併せ持ち、昭和40年以来の小菅処理場を始めとする大型工事に実績を重ね、他の事業では回収骨材の利用方法として、再生コンクリートの出荷(つくばエクスプレス・南千住駅付近工事)、空港などの路盤材料にも果敢に取り組んでおります。
これもひとえに需要家ならびに関係各位の皆様のご支援のおかげと深く感謝申し上げます。
これまで培って参りましたお客様との信頼の絆をますます太く、強固なものにできますよう努力し、社会的責務を果たす所存でございますので、今後ともなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ 桐生レミコン株式会社へのお問い合わせは